おうちで遊べる音ゲーを探してみる

この記事は約3分で読めます。

中学生だった頃から音ゲーを遊んでいたので、「出身ジャンルは何ですか」と聞かれたら音ゲーと答えるかもしれない。そのぐらいやり込んでた時代がありました。

今は週末にゲーセン行ってちょっと遊ぶぐらいまで落ち着いてきたけど、半年ぐらい暇な時間が出来たのでおうちで出来る音ゲーを探してみることに。

今の時代、おうちで遊べる音ゲーなんて山のようにあるだろうけど。

気になった音ゲー

beatmania IIDX INFINITAS

言わずもがな、コナミが誇る音ゲー。学生時代からずっと遊んでたビーマニが自宅で出来るようになったらしい。ガチ勢はゲーセンとほぼ同じ環境を作り込んでるとか。

月額制かつ楽曲パックを購入しないといけないらしくなかなか金がかかるとのこと。本気でやり込むならお買い得なのかもしれない。

更に、パッドやキーボードでも遊べるけど専用コントローラがあった方がなお楽しめる。ただし、コナミ純正専用コントローラは評判が悪いのでガチるなら4万ぐらいする専用コントローラを買ったほうがいい。高い

販売されている楽曲パックを全部買うと10万ぐらいかかる。そこからコントローラ代金も上乗せすると約15万もする。高すぎる

ちなみにゲーセンでは1プレイ100円相当で4曲遊べるので、元を取るには約6000曲プレイしなければならない。あれ、意外と行けそうな気がするぞ

A Dance of Fire and Ice

YouTubeを彷徨っていた時に偶然見つけた音ゲー。配信者が暗い部屋で物凄くキーボードをカチャカチャしてた。キーボードがあれば遊べそうなので初期投資はアプリを買うだけ。安い

アプリ本体はSTEAMでなんとワンコインで買えちゃうのでお試し感覚で買ってみて合わなくてもダメージが少ない。優しい

BeatSaber

VR空間で遊べるリズムゲーム。100万本以上売れててPlayStationVRにも移植されているらしい。両手をぶんぶんして飛んでくるブロックを斬るということで、テレワークで萎みまくった体に喝を入れるのにはいいかもしれないが運動不足に効くのかは分からん

PCゲーらしくMODでの拡張性もあり、アバター要素もあったりするのでその辺も面白そう。

これを遊ぶにはVRゴーグルが必要で、ググってみると色々種類があっておすすめは『Oculus Quest 2』と紹介している方が多い。値段を見てみると約4万となかなかの価格。

Bitly

他のVRゴーグルはどんなのがあるのと思って調べてみると10万もするのがあった。たっけえ

【国内正規品】HTC VIVE Pro Eye HMD (ヘッドマウントディスプレイ単体モデル) - Not Machine Specific
【国内正規品】HTC VIVE Pro Eye HMD (ヘッドマウントディスプレイ単体モデル)の通販をAmazonで。

そうすると、『Oculus Quest 2』の4万円が良心的に思えてくる。これは不思議ですね。

VRゴーグル本体の他に快適にプレイする付属品とかも合わせると5万ぐらいになるけど、それでもBeatmaniaIIDXよりかなりマシに思える。

どれやるの

とりあえず気になったのを並べてみると、BeatmaniaIIDXはお手軽に見えてとんでもなく金を持ってかれるのが分かってしまった。比較するまでこれでいいやと思ってたので危なかった。

VRゲームというもの自体に興味があるので、BeatSaberをきっかけにしてVR沼に入り込んで他のVRゲーを探すのもいいかもしれない。

ということでBeatSaberをやってみよう。プレイ感想はまた後日。

コメント

タイトルとURLをコピーしました